2022-08

スポンサーリンク
毒親育ち

「毒親育ちの辛さや受けた被害」は一般には理解されず、グチをこぼすことすら許されない

毒親からの被害は過去のものではなく、大人になっても数々の後遺症が毒親育ちを苦しめます。社会では理解されることがないどころか、ひとたび親の悪口を言えば、逆に「親を悪く言う不孝者」というレッテルを貼られ、”未熟な子供じみた人間”として見られてしまうのです
毒親育ち

毒親育ちは生き延びるために、毒親の行動を正当化して本心をねじまげ続けた

毒親育ちは社会に出ることで、毒親家庭の異常さにうすうす気づきますが、生き延びるために「毒親家庭ルール」を無理やり飲み込み正当化しなければなりませんでした。数々の無理による後遺症は、大人になっても毒親育ちを苦しめます
毒親育ち

毒親から心身への暴力を受け続けることで、価値観はずれ、暴力に鈍感になる毒親育ち

毒親育ちは毒親から肉体的・精神的に暴力を振るわれ続けるため、暴力が身近です。しかし社会の価値観はそうではないため、衝突の度に自分の価値観を変えながら生きる必要があります。価値観が変えられた部分、変えられず今も残る部分を記していきたいと思います
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました