「毒親育ちの辛さや受けた被害」は一般には理解されず、グチをこぼすことすら許されない

毒親育ち

毒親育ちは生まれた瞬間から、自己中でどうしようもない毒親に振り回され、自分の人生を邪魔されながら、やっとのことでここまで生き延びました

極悪な環境で、一人必死に、手探りで生きてきたものですから、

人生開始早々だというのに、すでにぐったりと疲れている人もすくなくありません

しかし‥社会では毒親育ちという存在は少数派です

これまでどんな極悪環境で生きてきたか?や、その大きな疲労などを社会で理解してもらえることはまずありません

家庭内というのは密室です。

長年にわたる密室での毒親からの仕打ちの辛さやその後遺症を、誰にもわかってもらえません

ちなみに毒親家庭で毒親に辛く当たられ、どんなに泣いても叫んでも、私はただの一度も、外の誰からも助けてもらえたことはありませんでした

そのうえ地獄なのは‥

家の外の世界で出会う、いわゆる社会の多数派である”普通の親に恵まれた人たち”に、この毒親育ちの苦しみをわかってもらえることなんて、めったにないんです。

ゼロといってもいいです。

例えば、ぽろっと毒親の愚痴をこぼしただけで‥

普通親育ち
普通親育ち

いい年して親のこと悪く言うなんて‥

あなたちょっと子供じみてない?

このようにまるで毒親育ちの方が、子供じみたことを言う、成長が止まった未熟者、のような目で見られてしまうんですよね‥

生まれた瞬間から今に至るまで毒親に虐げられ続けて、心身に大きな傷を負い、苦しみの中でやっともがいて生きているのに!

その事実を口にするだけで、

逆にこちら側が悪者・未熟者のレッテルを張られるなんて、毒親育ちの生きるこの環境は、なんという理不尽で取り巻かれているのでしょう‥

スポンサーリンク

多数派である普通親育ち、少数派でも確かに存在する毒親育ち

毒親育ちが社会に出ると、多数派である「普通親から育てられた人たち」と関わることになります。

そこで、どうやら一般的な親というのは、我が家に生息する毒親とはまったく性質や子への接し方が違うらしいということを、毒親育ちはうすうす感じ取るんです

では、一般的な親、とはどんな存在なのでしょうか?

「一般的な普通親」ってどんな人?
  • 子供がよい人生を送るために、生まれてからずっと、物心両面にわたって精いっぱいのサポートをしてくれる存在
  • 大人になった子供に、「今までのお礼をしたい、恩返し(親孝行)をしたい」と自然に思わせてくれる存在

対して毒親とは?

「毒親」ってどんな人?
  • 子供の人生よりも自分の人生。
    いつでも自分の欲求を満たすのが第一。
  • 自分の欲求を満たすために、子供を踏み台・道具・ストレス発散グッズとして利用する
  • 大人になって機動力の上がった子供のことをますます便利に使役する。
    子供の金・時間・エネルギーを自分の物として使いつくす

はい、普通親と毒親。真逆のマインドを持ち、真逆の行動を取る存在といっても過言ではありません

そんな普通親に育てられた多数派の人たちと、毒親に虐げられ続けてやっと生き延びている毒親育ち。

その疲労度や人生の難易度があまりに違いすぎることを、ほのかにでも感じていただけましたでしょうか

毒親育ちは辛さにぐちをこぼすことすら許されない


しかし‥少数派である毒親という存在とその生態、それらに育てられ虐げられ続けた毒親育ちの長きにわたる苦しみというのは、一般的に全く知られず理解もされていないのが現実です

理解されてない、だけではありません!

なぜか、社会に出ている人間はすべて、普通親育ちも毒親育ちも

僕たち私たちみーんな、
親に愛情込めて育てられてここまで生きてきたよね?
ね!

こんなふうに、なぜか「親に愛情かけられてきたみんな!」として、雑にひとつにまとめられてしまうんです‥

”みーんな親に大切に育てられたよね!親には感謝だよね!”

こう勝手に設定されているために、毒親育ちは、これまで毒親からされてきた仕打ちや現在にわたるまで毒親後遺症として苦しむ事実を口にすることすら許されないんです

それをひとたび言葉にして外に出してしまうものなら‥

まわりからは軽蔑の言葉や態度が降ってきます

普通親育ち
普通親育ち

いい年してなに親の悪口いってんの?

普通親育ち
普通親育ち

親のこと悪く言う前に親孝行しなよ、
親のこと大切にしなよ
ここまで大切に育ててもらったのに‥

このように、毒親育ちは”普通親に愛情込めて育てられて成長できた人たち”と雑にひとまとめにされ、そのルール下では親のぐちをこぼせば「大人げない親不孝の大人」と裁かれ、しまいには親孝行しろと逆に説教されてしまうのですよね・・ 

本当のことをまわりに伝えたい!といざ行動に起こすとなると、

  • 私には普通の親なんていなかった。毒親に虐げられて育ったんだ!と叫び続けたり
  • 胸に「私は毒親からこんなひどい目に遭ったんです!(具体例をたくさん箇条書き)という札をぶら下げて生きる

こんなこと、実際にするわけにはいきませんものね‥

だから、毒親育ちは背負っているたくさんの辛さや苦しさを抱えながらも口をつぐみ、多数派である普通親育ちのルールの中で、一人孤独に生きるしかないのですよね‥

親のことや過去のことをいつまでも悪く言う人こそが、幼く愚かな人間である」と思われ扱われるから、被害をおおっぴらにも言えないし、認めてももらえない現実。

毒親育ちにとっては、毒親被害というのは決して過去の話ではなく、毒親の仕打ちの後遺症により、現在もさまざまな苦しみを抱えながら生きなきゃならない状態である、という現実問題なのに‥

それを口にすることすら許されず、理解されず、逆に”普通親に育ててもらったみんな”のように、親には感謝しろ、孝行しろと説教される‥

どんな地獄ですか?

スポンサーリンク

「普通親育ちが作ったルール」を悪用して、子をますます絞りつくす悪魔のような毒親

その上めちゃくちゃ腹が立つのは、毒親がこの「多数派である普通親育ちが作るルール」に乗っかって、我が子にますます要求を強めることです…

お前は大人になったんだから。

俺たちが苦労してここまで育ててやったんだから、親孝行するのは当たり前だ!

と奴らは世間の多数派の言い分に乗って、調子に乗って、子供に対する搾取を強めます

子が成長するとお金を稼げるようになる、運転ができる、人脈が広がるなど行動範囲が広がるため、毒親からの要求や収奪はますます苛烈になります。

子供の頃から身も心も使いつくされくたくたになっているというのに、毒親からの要求は止まりません。

しかも毒親は社会から、「親孝行=子を使役する正当化」というお墨付きをもらっているのですから、それはもう嬉々として子供を思うがままに使い倒します

理解者もなく、親にますます収奪され続け、疲れ果てる毒親育ち。

その辛さはわかられるどころか、普通育ちのようにもっと親孝行しろ、と説教され、その上欲深い毒親共からはますます搾取され、要求をされつづけるんですよ‥

これで心身が疲れず、病まないでいられるわけがありません‥

まとめ

毒親育ちの辛さや苦労は一般社会では全く理解されず、それどころか事実をぽろっと口に出しただけで、逆に白い目で見られてしまい、「いい年して親の悪口を言う、未熟な人間」のレッテルを張られてしまう。

そんな理不尽な環境で口をつぐみ、一人ひっそり生きなければならないのが、毒親育ちなのです

大人になっても毒親後遺症の影響で依然として苦しみが続いている事、そしてこれまでの大きな怒りや自分の本心‥

それらすべてを外に出すことなく、一般社会での「親には親孝行!悪口なんて言っちゃダメ!」という、多数派によるルールに無理やり合わせて、黙って生きるしかないのです…

四面楚歌の中でただ苦しみを抱えて生きる。こんな状態で健全な心身でなどいられるわけはありません

コメント

  1. ゆっぴぃ より:

    ティーコ様
    毒親からの仕打ち 読んでいてあまりにも酷くティーコ様のご両親なのに 沸々と怒りが止まりません。
    私も50歳過ぎても 宗教依存 長男信仰の毒母に悩まされております
    ブログ とても為になるお話です
    ありがとうございます

    • ティーコ teakocoffee より:

      ゆっぴぃさま
      ブログをお読みいただき、そしてコメントをありがとうございます!
      親というのは他人と違って簡単に断ち切ることができず、うっかり気を抜くと惑わされ、大切なエネルギーを吸われる存在ですよね‥
      これからの人生、何とか大切な時間やエネルギーを自分に振り向けたいな、と苦闘の日々です

タイトルとURLをコピーしました