結局、「実家が太い人」が勝つの?

雑記

皆さんは、「実家が太い」という表現を聞いたことがありますか?ここ数年、Twitterを中心としたSNSで使われる表現です

「実家が裕福で、十分なサポートを受けられる状態のこと」を指すようです

同時に、「実家が太い人が勝つ」という論調で語られることがとても多いですね。上記のツイートを見てもそれがわかります

私が、これまで出会った様々な人を見て得た結論は、

実家が太い人は勝つ(望み通りの人生を手に入れる)可能性がぐんと上がる、ということです

私にとって、「実家が太い」というのは、下記の3点をすべて満たしている状態のことだと考えています

  • (1)金銭的に裕福な家に生まれ育つ
  • (2)家族は教養にあふれ、勉強などの継続的な努力をすることが当たり前の家庭環境である
  • (3)情緒の安定した親や親族に、いつも豊かな愛情をかけてもらえる

この3つの条件がすべて揃う人は、もう人生無敵モードですね!

これらを兼ね備えた人物と、私(実家が極細)との交流エピソードを交えながら、「実家が太い」3つの条件について、詳しく記していきたいと思います

スポンサーリンク

頑張れば、極細実家生まれでも幸せになれる?

中学生の頃、私は、「頑張れば報われる」と信じていました

生まれ育ちが貧しくても、親が何だかおかしくても、努力でそれをカバーすることが出来ると。

私の両親は共に高卒で、学歴コンプレックスが非常に強く、当時中学生だった私に、「勉強しろ!」「成績をもっと上げろ!」と、常に頭ごなしに怒鳴りつけてくるような環境でした

  • 勉強して、いい学校に入ることができれば、この極悪な環境から抜けられるのかな?
  • 私が勉強さえしてれば、親はおとなしくなるから、勉強してよう…

このような歪んだ?動機で、中学時代の私はひたすら勉強していました。

いろんなことを両立できるような器用な性質ではないので、自分の趣味や楽しいことなどをすべてを捨てて、ひたすら勉強だけの毎日でした

その結果として、無事に進学校に合格することができました

「進学校には、きっと私のように、好きなことすべてを投げ捨てて、勉強ばかりで苦しんできた人が、いっぱいいるんだろうな」

そう思いながら高校の門をくぐったら…

一緒に入学した人たちは、そんな無理なんか少しもすることなく優秀な人たちであふれていました

私のようにガツガツして余裕のない人間はごく少数派だったのです

彼ら彼女たちは、私から見るといつも穏やかで余裕があります。そして個性的な人が多かったです

私と違って、好きなことや個性を殺さなくても、無理せず自然に優秀に生きてこられた人が多かった、ということです

また、勉強だけではなく、スポーツや楽器などの趣味を大切にしている人が多かったんです。好きなことを投げ捨てるなんてとんでもない話でした

そんな彼らも、勉強モードになると目つきが変わり、ものすごい集中力を発揮します

ギャル服を着る子も、趣味に生きる子も、早朝や放課後、休み時間も惜しんで勉強します

そして私よりも、ずーっと優秀な成績を収めるのです…

私は、自分とクラスメイトとの、雰囲気や生き方の余りの違いに呆気にとられました

彼ら彼女たちと私は、一体何が違うのだろう?

私は、彼らと私の、「違うところ探し」を始めました

そこで発見した、私と、高校で出会った自然に優秀な人たちとの、違いの3点がこちらだったんです

  • (1)金銭的に裕福な家に生まれ育つ
  • (2)家族は教養にあふれ、勉強などの継続的な努力をすることが当たり前の家庭環境である
  • (3)情緒の安定した親や親族に、いつも豊かな愛情をかけてもらえる

私が高校で出会った優秀な人たちの多くは、冒頭で挙げた、私が考える「実家が太い」条件をすべて兼ね備えていました

一言でいえば、「お金・努力できる性質・周りからの愛情」

これらすべてに恵まれている人は無敵でした。潤沢にお金を使うことが出来て(使ってもらえて)、自然に努力ができて、愛情に満たされ情緒は安定しています。

彼らは、人生が開始されてから現在に至るまで、なんの障害もなく、スムーズに進んでいました

「実家が太い」3つの要素

ここで、彼らが生まれながらに持つ、「実家が太い」三つの要素をくわしくみていきましょう

金銭的に裕福な家に生まれ育つ

高校入学後に気づいたのですが、共に入学した同級生たちは、医者、学者、会社経営者などを親や祖父母に持つ子が多かったんです

これらの職業は社会的地位だけではなく、裕福な家である確率が高いですね

金銭的に余裕があり、幼い頃から、趣味や学習、習い事などに金銭を惜しみなく投資されてきた子供たちだったということです

家族は教養にあふれ、勉強などの継続的な努力をすることが当たり前の家庭環境である

医者、学者、会社経営者に共通することは、常に勉強や研究を続ける職業であるということです

生まれ育った環境下で、生きる手本となる親が、常に努力している姿をずっと見てきたので、それが当たり前になるのでしょう

いつも息を吸うように、自然と努力をするという姿勢は、親の背中を見て、自然と身についたのだと思われます

対極的な私の家庭

ちなみに、私の父親は会社員でしたが、家で仕事をしている姿をみることはただの一度もありませんでした

「俺は仕事なんか大嫌いだ、俺はすぐにでも仕事をやめてえんだ。」

「俺はお前らのために働いてやってるんだ。俺は仕事を退職したら自由に生きる」

それが父の口癖でした。そのため家に帰ってまで仕事をするというのは、彼にとってはありえない行動だったのでしょう

父はいつも不機嫌な顔で帰宅すると、すぐにリビングの一番いい場所にごろっと横になり、大好きな揚げ菓子をぼりぼり食べながら、寝る直前までテレビを熱心に見ていました

そんな父の姿を見て、母は、

「他のお父さんたちは、家で勉強や仕事をしているのに、うちのお父さんはいつもダラダラしてる!」

と私にいつも怒りの愚痴をこぼし続けていたものです

しかし、そんな母が、家で勉強したり、本を読む姿を目にしたことは、ただの一度もありませんでした

私が、生まれ育った家庭で、両親の姿から伝えられたメッセージとは。

それは「仕事は辛く苦しいもの」「家で仕事の努力なんてやってたまるか」というものでした…

情緒の安定した親や親族に、いつも豊かな愛情をかけてもらえる

彼らの親は、優秀で努力家なだけでなく、穏やかで情緒が安定していて、子供をいつも温かくサポートしてくれるタイプが多い印象でした

少なくとも、私の親のような、気分で子供を怒鳴ったり、殴りつけてストレスを解消する、というタイプはほぼいない印象でした

(ちなみに、友達と雑談中、そんな我が家の出来事を笑い話として話したことがありましたが、笑うどころか、会話は止まり、空気が凍りついてしまったんですよね…)

印象的な思い出があります

ある日のお昼の時間、友人Aちゃんが、弁当箱のふたを開けても箸を全然つけず、困った表情をしているんです

「どうしたの?」と尋ねると

「私が食べられないおかずが一つ入っている。きっと、お母さんが、兄の弁当のおかずと間違えて入れてしまったのかもしれない」と言いました

「え?そんなの、よけて他のおかず食べればいいじゃん。何言ってんのかなー?」

そう心で思いながら、私はコンビニで買った菓子パンをほおばっていました

その瞬間でした!一人の品のいいご婦人が、教室の外からこちらに手を振っているのです。

Aちゃんのお母さんでした

お母さんの手には、お弁当の包みがありました

「Aちゃん、お母さん間違ってお兄ちゃんのお弁当をあなたに手渡してしまったの。ほんとうにごめんなさいね。作り直した、こちらのお弁当を食べてね」

そう笑顔で言って、Aちゃんへ新しい弁当を手渡し、手つかずのお弁当は持ち帰っていきました

その手つかずのお弁当、持ち帰るぐらいなら、私が頂戴して食べたかった…

Aちゃんが食べられないおかずがたった一つ!たった一つですよ?

ひとつだけ入っているという理由で、お母さんはお弁当を作り直して、お昼のタイミングにわざわざ学校に出向き、娘に渡しに来てくれるんですよ…

やさしさと愛のかたまりです。私が触れたことがないような、大きな母性愛を見せつけられ、私はめまいがしました

昼食が菓子パンだけだったので、栄養が足りなかったゆえのめまいだったのでしょうか…

しかも、お弁当を受け取ったAちゃんは、「もうーお母さんはドジなんだよねー」なんて、笑って終わりなんですよ?

このお母さんの一連の愛あふれる行動を、ごく普通のものとして受け取っているのです…

きっと彼女は、このような愛情を、生まれた時からずっと普通に受け取り続けてきたのでしょう

私がめまいを覚えるほど大きなお母さんの大きな愛は、彼女にとっては「ただの普通」なのです

ここで、とても対照的な、私の暗黒家庭の弁当話をご紹介しましょう…

高校に入学してから早々に、母からお前の弁当作りは辛い!きつい!愚痴をこぼされ続けていました

それを言われ続けるのも辛く、かといって自分で作る能力も時間も私にはありません

たまりかねて「お母さん、もう弁当は作らなくていいよ」と自分から申し出たところ、母はほっとした顔で、毎日昼食代として数百円を渡されるようになりました

私は毎日、コンビニでパンを買って昼食にしていたんです

  • 娘のためにと、一から作り直されて、お昼時にお母さん自ら届けられる手作りお弁当
  • 弁当を作るのを面倒がる母、渡された小銭で買う菓子パン

16歳の私にもよくわかる、よくわかりすぎる違いでした

私は高校入学後、このような現実に直面し、メッタメタに打ちのめされたのです

  • 裕福で
  • 努力する習慣を自然と身に着けられる環境で
  • 愛情あふれる家族に囲まれている

周りは、これらを当たり前のように持ち合わせた超人だらけでした

  • 「私が、劣ったスペックで、好きなものすべてを捨てて、この学校に入った意味って何だろう?」
  • 「劣等感を感じるため?決して挽回することのない格差を思い知るため?」

混乱した16歳が、いくら考えても答えは出ませんでした

実家が太い人たちの進路

高校で出会った同級生たちは、趣味を楽しみつつ勉強に励む毎日を送り、そのほとんどが、自分の興味・特性を見つけ、そこに合った大学へ進学していきました

現在は国家資格職や研究職などへ就いて、社会の一線で活躍している人ばかりです

医療職や学者など、親や祖父母が就いている職業に就く人が比較的多い、という特徴も見られます

しかし、中には、勉強に力をいれるのを途中でやめた子もいました

私が知っているそんなタイプの子は、ダンスや音楽などの趣味をゆるやかに仕事にしつつ、ゆったりと実家で暮らしています

彼女は、私が必死で就職活動をしている時、

「ティーコちゃんって、もっと面白い進路に進むと思ってた。なんでそんな固い仕事ばかり狙ってるの?」そう無邪気に私に尋ねました

どうして私が彼女の言う「面白い進路」に進めなかったか?

それは…残念ながら「太い実家」に恵まれなかったため、稼いで生命を維持することを優先しなければならなかったから、といえると思います

「実家が太い」は強い、を思い知らされる漫画

私はこの「実家が太い」という言葉を目にするとき、10代の頃に夢中で読んだ、ある古典漫画を思い出します

「オルフェウスの窓」という漫画です

往年の名作、「ベルサイユのばら」で有名な池田理代子氏が手掛けた、ヨーロッパを舞台にした壮大な物語です

ドイツのレーゲンスブルクという歴史深く美しい街。そこに住むイザークという男の子が主人公です。

彼はピアノの才能に恵まれていました。そのおかげで、貧しいながらも奨学金で名門音楽学校に入学することができました

彼のお父さんは、貧しい酒場のピアノ弾きでした。優しく理解ある両親でしたが、イザークは不幸にも、父母両方共を早くに亡くしています

イザークは、健気で美しい妹と、下町の狭いアパートで二人暮らしです。兄が高校生くらいの年齢なので恐らく妹はローティーンですが、貧しいために学校にも行かず、毎日町の野菜売りをして、家事全般を担当し、毎日兄を支えます

進学した音楽学校には、モーリッツという同級生がいました。彼は地元の有力者の息子でピアノの秀才、学校のボス格でした

裕福な家庭に生まれ、ピアノのスキルを高められるくらいに努力のできる人です。その上彼は末っ子で、溺愛といえるほどの、親の愛情を受けて育ってきました

「実家が太い」の3条件を憎らしいほど完璧に満たす者です

しかしこのモーリッツ。途中から入学してきたイザークの持つ、あまりに素晴らしいピアノの才能や、学校や先生からの高待遇に嫉妬し、イザークが大きく羽ばたくところを、様々な手を使って妨害し、邪魔をします

ピアノの能力以外の、「いろんな力」を使って妨害するんですよ…なんとモーリッツママもかわいい息子のために、積極的に妨害に加担します

そこで、羽ばたく機会を逃すイザークはこう思い至ります

「僕は君のおかげで、この世には、努力ではどうしようもないことがあるということを、知ることができた…」

すました顔で歩くモーリッツとすれ違いながら、その思いをかみしめるんです

このモーリッツ。ずるい手を使って人を蹴落として、あとでどうせ嫌な目に遭うんでしょ?って思うでしょう?そう願いますよね?私だけですか?

しかし…彼なりの悩みこそあれ、良い配偶者を得て、引き継いだ事業は拡大発展、彼はずーっと豊かで幸せな日々を暮らすんですよ…

豊かな人はますます豊かになるよ。

そうじゃない人は?

もしかしたら幸せになるかもしれないけどどうだろ?
わかんないわ~

ストーリーがそう言っていました

この漫画を読んでいた当時十代の私は、「古今東西、この世はそういうルールでてきているのか…」とがっくりと肩を落としました

実家の太い人には、実家極細人間はどうがんばっても太刀打ちできない…

生まれた場所で、すでに勝負はついているというの?

「実家が太くない人」もまた、たくさん存在する現実

努力すれば報われる。そんな世界は理想ですよね。でも現実は残酷ですが違います

…私は生まれ変わらない限り、知らないことだらけなんだろうなぁ…

実家が裕福+努力ができる+家族からの愛情に恵まれた優秀な人

こんな人が、世界には山ほどいて、その人達がひとたび力を出せば、例えば私のような、貧乏毒親育ち・負のスパイラルの渦中にいる者の努力など、到底足元にも及ばないのです

でも。一方で。

「実家が太い」というワードが、SNS上に定期的に上がっては噴きあがるという事は、豊かで恵まれた人たちに打ちのめされる人が、この世にはたくさんいるという証なのではないでしょうか

私のような、「ハンデが多く、がんばってもなかなか苦しさが取れない人」がたくさん存在する、ということですね

この存在は、決して無視できないと思います

生まれ育ちというものは、誰にも、決して選んだり変えることなどはできません

しかし、時代の変化、技術の進化で、「いつでもどこでも自分の意見を発信できて、情報を簡単に手に入れられる環境」を、誰しもが手に入れました。これは革命的な大変化だと思います

この大変化により、もしかしてこれからは、私を含めたこの「太い実家」を持たざる者達、生まれ育ちに恵まれず辛酸をなめてきた人たちが、置かれた環境から這い上がれる可能性は、以前よりも高まったのではないでしょうか?

「生まれ育った家があれだから、私は今後、何をしてもだめなの?」

そう絶望していた10代の私に、「そんなことなかったよ!時代は変わったんだよ!」

そう胸を張って言えるタイミングが来ることを願いながら、私は今日もネット上をあちこち動き回っています

「実家が太くないと成功しないだって?そんなことなかったよ!生まれてきてよかったね!」

いつの日か、極細家庭生まれ同士で、笑顔でお互いをそう讃えあいましょうね…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました