どうして「毒親」に気づけなかったの?その理由と哀れな末路

毒親育ち

いつまでも、毒祖父母のいいなりに生きてきた我が毒親たち。

なぜ彼らは、親の毒に気づけなかったのでしょうか?

そして、気づけぬままに年老いた彼らは、その後どうなったのか?

この記事では、我が親が、祖父母の毒に気づけなかったその理由と、その後の人生についてを記していきたいと思います

スポンサーリンク

なぜ彼らは、親の毒に気づけなかったのか?

自己中毒祖父母の言われるがままに生き続け、そのまま年を取ったうちの毒親。

前回の記事では、毒祖父母にいつまで振り回され続ける、彼らの奇行の数々をご紹介してきました。

彼らは、自分の親が毒親だということに気づかないままに従い続けて、年老いていきました。

なぜ祖父母への盲信は止められなかったのでしょうか?

そこには4つの理由が考えられます。

  1. 「親がおかしい」という、自分の心の違和感や気づきを大切にしなかった
  2. 「おかしい人からは離れて、自分の身を守らなければならない」と思えなかった
  3. 自分の苦しみの根源を探り出すこと、それを断つことができなかった
  4. 子供という自由にできる道具・サンドバッグが手に入った

特に4なんてもう、人としてありえないですよね

子供を平気で道具やサンドバッグとして扱う、毒親の毒親たりうる所業。

大変信じがたいことですが、私自身が実際にその被害に遭ったからこそ、理由のひとつとして挙げられるんですよね

毒親と気づけない人たちは、自分の解消できないむしゃくしゃを、弱い立場の子供に八つ当たりして解消しようとします。

まさに鬼畜の所業です。

…書き進めると過去の仕打ちが様々頭に浮かび、怒りが爆発しそうですが…

ここでいったん落ちつき、一つずつくわしく見ていきましょう

「親がおかしい」という、自分の心の違和感や気づきを大切にしなかった

彼らは、自分の親が毒親であり、おかしい人間だということに気づきませんでした。

気づく機会がなかったのか?それとも、あえて気づかないふりをしたかったのか?彼らに直接問いただしたことはないので、私の推測になりますが…

もし後者なら、親という存在を否定し、断ち切ることが怖くてできなかったのではないか?と考えられます。

その理由として。

彼らが毒祖父母への崇拝行為を激しく行っていた昭和~平成前半という時代は、現在よりももっと世間体第一の空気、同調圧力がとても強かったためだと思われます

「親がおかしいなんて、絶対に言ってはならない」

そんな当時の世間一般の考えを覆すことは、大変難しかったのでしょう。

その上、彼らが若い頃は今のようにSNSなどがなかったので、

自分の親がおかしいと思う人たちは実はこの世にたくさんいる、という事実を知ることができなかったのも大きな理由といえます。

彼らは親に対する違和感を心の中で抹殺し、世間で良しとされている親孝行(という名の毒親への崇拝)、毒祖父母に認められるための行動を続けるしかなかったんです

「おかしい人からは離れて、自分の身を守らなければならない」と思えなかった

毒祖父母から、いつまでも離れることができなかった毒親たち。

親へ、何をどんなに差し出しても、いつまでたっても満たされない。辛くて悲しい。

実は、心の奥ではいつまでも苦しいままのこの状況に対して、彼らの本心は、「辛いよ!苦しいよ!」と叫んでいたのです

その証拠は何かといいますと、

私の毒父は、祖父母の家から自宅に帰ると、機嫌がものすごく悪くなったんです

その後しばらく、不機嫌な毒父のことを腫れ物に触るように接しなければならないために、家の中がピリついてとても険悪な雰囲気でした

私はこの毎度恒例の疲労イベントにおびえるとともに、心底うんざりしていました

祖父母宅からの帰り道、

疲れるイベントが残ってるのか…
疲れるイベントが残ってるのか…

これからお父さんが不機嫌になって暴れるのか
疲れてるのにな、嫌だなぁ…

祖父母の機嫌取りをさせられてこっちも疲れてるっていうのに、次は父親が暴れるのを我慢しなきゃならない

疲れはどんどん積み重なっていったものです

このように、自分の実家に帰ると機嫌が極悪になり、家族に当たり散らさなければ発散できないほどに、彼の心身には「親孝行すること」に対して大きな負担がかかっていたんです。

それでも彼らは祖父母の愛を得たいがために、無理をして実親に会い、親孝行作業を強制的に続けていました。

もし…

いくら親でも自分に極度の被害を与える存在ならば、思い切って自分や自分の家族を守るために断ち切ろう、疎遠にしよう、という決断や行動を取ることが出来たのならば、このような地獄は起こらなかったんです。

しかし、彼らにはそれができなかった

自分自身も苦しみ、そのとばっちりで子供が苦しまなければならないという連鎖的な不幸が、長い間、家庭内で展開されていました

スポンサーリンク

自分の苦しみの根源を探り出すこと、それを断つことができなかった

親のいいなり・親ファーストに行動していた毒親たちは、満たされないフラストレーションを抱えていたためか、いつも不満でいっぱいの顔でした

そしていつも何かに焦っていて地に足がつかず、何をしても幸福感を感じられない様子でした。

彼らが満たされないのは当然なんですよね。

なぜかというと、自分の苦しさ辛さの根源を探り出し、断ち切るという作業の重要性を知ること、行動することができなかったからです。

「自分の親が毒だ」という事実を見つめることなく、自分の親にひたすらエネルギーや成果物を提供し続けてきた。

いつも親に削られ吸われるがままで、何のリターンもない。

自分が満たされるのとは真逆の行為を必死でしてきたのですから。

彼らは長年、親孝行の美名のもとに必死に動いていた。

それはまるで、穴の開いたバケツに必死に水をためるような作業だったんです。

本当に満たされた幸せを得たいのならば、まずはバケツの穴の存在を知り、穴をふさがなければならなかった。

バケツの穴とは「親が毒であること」、穴をふさぐとは「毒親との疎遠」です。

毒親にどんなにエネルギーややさしさや金を貢いだところで、バケツの穴はふさがりません。

毒親というのは、子供のがんばりにはなにも応えてはくれず、ただバキュームのようにその成果物を限りなく吸うだけなんですよね。

そして吸っても吸っても満たされないから要求してくる。

毒親を見限り、これ以上毒親にエネルギーを使わない、という穴ふさぎ作業をしなければ、この無駄なエネルギーの流出は止まりません。

もしエネルギーの流出を止めることができたならば。

貯まった大切なエネルギーを、自分が満たされることや子供のことに使うことができていたならば…

苦しさや満たされなさはなくなり、満足や喜びが蓄積されるようになったと思われます

しかし、残念ながら、彼らはその境地に到達することはありませんでした

彼らは、時代柄もありますが、なにより自他ともに肯定しやすく称賛されやすい「親孝行」という言葉や行為に、違和感や疑問を抱くことなく安易に長年乗っかりすぎてしまった

自分の苦しみや満たされなさがなくなるような、本当の気づきや行動を取ることができないまま、年老いたのです

いくら追っても永久にもらえない、毒親からの愛…

恐らく毒祖父母も、自分の中のぽっかり空いた穴をふさぎたいがために、子供からしぼりとることで必死で満たそうとしていたのだと思われます。

しかし、いつまでも穴はふさがらず、嫉妬心で競争を煽ってまで、子供から搾り取り続けた。

穴の存在を認め、それを適正にふさぐ方法を実行しないと、このような親子間の無駄で無限な搾取の負の連鎖というのが、何代にもわたって続いてしまうんです

子供という自由にできる道具・サンドバッグが手に入った

フラストレーションまみれの毒親たちにとって、何よりこれは大きな出来事だったと思われます。

辛い現実に向き合うその前に、自分のいいなりにできる子供という道具が手に入った。

私が長年悩み苦しんだ根源、このブログを開設した理由。

こんな人間に限って、自分の子供という存在をたやすく手に入れてしまうという現実

これを使って親に気に入られるように、いい子に仕立て上げよう。

祖父母のいいなりのままに、子守やいい子役などの雑用をさせよう。

ストレスがたまったら、これに暴言や暴力をぶつけて解消すればいい。

…毒親にとっては、子供という「見栄えの良い人形・小間使い・サンドバッグとして使える格好の道具」が手に入ったわけです。

どうせ子供はどんなひどい目にあわせたって、絶対自分の元からは逃げない。

子供の親への愛は無限です。なにをしてもお父さん、お母さんと泣きながら慕ってくれる存在ですからね。

彼らにとっては格好の道具であり、ストレスを解消するサンドバッグであったんでしょうね。

どんなひどいことをしても、自分のそばしかいる場所はなく、決して自分の元から逃げないので安心していじめたり、道具として好きなように使うことができる、子供という存在。

しかも自分たちが、親から粗末に扱われ続けているのですから、自分の子を粗末に扱うなんてたやすいことなのです

毒親を毒親と気づけなかった人間の、その後

現在、祖父母の大半は亡くなり、毒父は早死にしました

ひとり残されて年老いた毒母は

IMASARA…
IMASARA…

昔、あんなに実家に帰らなくてもよかったのかもね

OSOI★
OSOI★

もっとこの家で、家族楽しく過ごせばよかった

そんな後悔をぽつぽつと口にしだしました。

どうやら、よその家と自分たちの違いにやっと気づいたようです。

よその常識的な家庭は、冷たい祖父母の家に強制的に子供を連れだし、子供をいけにえに差し出すような鬼畜行為などしません。

たとえば子供が「部活があるからおばあちゃんちには行かない」「友達とあそびたいから行かない」そんな意思表示をしたとき、子供の意向をちゃんと尊重します。

このように、意思を尊重されて大切に育ててきた家庭の子供は、成長すると、自発的に年老いた親を訪ね、一緒に旅行や買い物をたのしみ、プレゼントを用意します。幸せな親子関係がずっと続きます

毒親のように「旅行つれてけ!ブランドバッグを買え!」と大声でわめかなくても子供から自然にそうしてあげたいな、っていう暖かい親子関係。

その関係は一朝一夕ではできませんし、もちろん親側からの一方的な恫喝で成り立つようなものではありません。

おそらく毒母はそんな暖かい関係を築いている家庭が、まわりにたくさん存在することにやっと気づいて、うらやましくなったのでしょうね

そんな家族間の暖かい関係性ができあがるには、昔からの暖かいやりとりや尊重の蓄積が必要だった

かつて、祖父母や自分の欲のために、子供の意思を黙殺し、親の言うがままに従わせていた行為は、子供を辛く苦しい目に遭わせる、あたたかさとは真逆の行為であった。

だから自分の子供は、自分の元には寄ってこないのかもしれない。

ここにやっとうっすら気づいたようです

でも、今更遅い。

あなたの子供はもう、あなたのような毒親に使うエネルギーはすでに枯渇しています。

枯渇どころか、心身をガリガリと削られてきたので傷だらけです

もうあなたの子供は、親と仲良く一緒に同じ時間を過ごすどころか、親の顔すら見たくない状態です。

長年奪われてきたエネルギーや、削られた傷に対する損害賠償を請求したいくらいです。

でも祖父母のおかしなやりくちに晩年気づけたのはよかったですね。

年老いてやっと、毒祖父母の洗脳から溶けたといったところでしょうか。

まあ気づいたところで、もう手遅れもいいところですが…

まとめ

自分の毒親を毒親と気づき、認めることができなかった。

そしていつまでも親を追いかけ回しつづけ、離れるという決断が出来なかった。

そして何より自分の子供を道具として、いけにえとして使い続けた毒親たち。

 彼らはなぜ、親の毒に気づけなかったのか?その理由と、そんな経路をたどってきた毒親の末路を記してきました。

どうですか?悲惨の一言ですよね。誰も幸せになっていません。

あ、でももしかして…

親の愛をちらつかせ、子供たちを競わせながら搾取を続け、笑って死んでいった毒祖父母だけは、楽しい搾取を存分にして、気分のいいままこの世を去っていったのでしょうか?

毒祖父母と会話すらろくにしてもらったこともない孫としては、祖父母の気持ちなどわかるわけがありませんので、これはただの推察、といったところです

コメント

タイトルとURLをコピーしました